なぜ慶應は二次試験をするのか

多くの受験校の場合、どうしてこの学校を受験するのか、説明する必要はあまりありません。

願書に志望理由を書くところがあったとしても、それが合否に関係することはないでしょう。しかし、慶應受験に関していえば、その要素は決して小さくはないのです。

成績が良い順に入れればいいと、もし慶應が考えているのであれば、わざわざ日程をとって二次試験をやったり面接をする必要はありません。その負担を強いる分だけ、確実に慶應を受験する生徒は減るからです。

例えば普通部の場合で言えば、午後に体育と実技があって解散するのは15時過ぎです。ということは1日の午後入試に出かけることは不可能でしょう。

にもかかわらず、それをやるわけですから、合否の要素として充分に考えられているということなのです。

では、なぜそうなのか?


このコンテンツはアクセス制限されています。
ユーザーの方はログインしてください。

新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。
なお、本サイトは有料サイトになります。
詳しくは本サイトについてをご覧ください。


Existing Users Log In
 ログイン状態を保存する  
New User Registration
captcha
*必須項目
カテゴリー: 会員保護者のみなさまへ   パーマリンク

この投稿はパスワードで保護されています。コメントを表示するにはパスワードを入力してください。